衣裳研究会、鈴木榮治による創作きものをご紹介します。

自宅展示会

自宅展示会

画像の説明

12/1(土)2(日)、毎年恒例になった暮れの私の創作展示会を自宅で行いました。

初日は10時過ぎから、おなじみの皆様が次々においでいただき、おかげさまで大盛況でした。

同じものが2点とないので、まるでデパートでよく見かけるバーゲンセールのような賑わいで楽しくもありチョット恐くもありました(笑)



画像の説明



当日、私の着ていた着物は、父が普段着ていた久留米がすりで、反物の幅が狭く、私の裄の寸法にできないので、袖口に大島紬の布を足しました。

袖口だけでは…と思い、褄下にも大島紬を入れてみました。

皆さん、いかがですか?

会場では好評でしたけどね。

おいでいただいた皆様、

本当にありがとうございました。

                              会場入り口にて(自宅玄関前)



画像の説明





切り嵌め象嵌をはじめた頃の名古屋帯。(懐かしい~)

当日、締めて来てくださったお客様です。

ありがとうございます。

コメント

  • 行けなくて残念!

    12月1日.2日はどうしても都合が悪くて行けませんでした。
    しかも9日まで展示していたことも気づかず残念・・・
    次回の予定はいつごろですか?
    楽しみに待っています!


  • Re: 行けなくて残念!

    kimonoさま

    こちらとしても残念です。
    自宅展示販売会は、毎年7月初旬の土.日、12月初旬の土.日、
    を予定しています。
    次回は7月になりますが、近くなったらサイトでご案内致します。



認証コード5621

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional